和歌山市立博物館和歌山市立博物館

  

  開催中展覧会  

  次回展覧会

  常設展

 年間スケジュール

  過去展覧会


 開催中展覧会
 

平成29年度 夏季特別展
美尽し善極める
駿河屋の菓子木型

2017年7月22日(土)~8月27日(日)

●休館日   毎週月曜日
●開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
●入館料   一般・大学生400円 高校生以下無料
           ※20名以上は団体2割引
           ※各種障害者手帳をお持ちの方とその介護人は無料
           ※和歌山市老人優待利用券ご提示の方は入館無料
●協力    株式会社総本家駿河屋


江戸後期、大名好みの菓子木型を展示します

 総点数約250点
 (ほとんどが初公開!)

和歌山市立博物館では、平成27年(2015)に駿河屋伝来の菓子木型を受け入れました。江戸時代より和歌山城下で商う菓子商・駿河屋は、紀州徳川家の菓子の御用を引き受けていました。10代藩主・徳川治宝、11代藩主・斉順のころには、菓子木型を用いた打物(落雁)の注文がさかんで、和歌浦の風景や文芸作品をモチーフとした駿河屋の落雁は「美尽し善極めたる前後無比の良品」であったといいます。
本展覧会では、江戸後期に使われていた駿河屋の菓子木型や菓子の手本帳を中心に、当時の和歌山の菓子文化や木型から見える和歌山のあゆみについて紹介します。
※みどころガイドはこちら
(pdfファイルで開きます)
菓子木型 蟠桃

関連イベント
○特別講演会(2階講義室)
 ①「和菓子のなかの紀州の風景」 和歌山大学南紀熊野サテライト 客員教授 鈴木裕範氏 
   日時:7月29日(土) 14時~15時30分
 ②「駿河屋伝来資料から読みとれること―紀州の殿様と尾張の殿様の交流―」
   岡山空襲展示室 学芸員 猪原千恵氏 
   日時:8月5日(土)  14時~15時30分
 ③「駿河屋の菓子木型と和歌山」
   当館 学芸員 山下奈津子 
   日時:8月19日(土) 14時~15時30分

○展示解説(2階特別展示室)
 日時:7月22日(土)、8月6日(土)、23日(水)14時~15時

○呈茶(1階玄関ホール)
 日時:7月23日(日)、8月20日(日) 10時~15時
 300円(抹茶とお菓子)
 協力:表千家同門会和歌山県支部 和歌山県青年部
 ※別途入館料が必要
 ※お菓子がなくなり次第終了

○木型で型抜き体験(2階ラウンジ)
 日時:8月11日(金)、12日(土) 13時30分~15時30分
 ※時間内で随時受付
 ※材料がなくなり次第終了


   株式会社総本家駿河屋製・復元菓子も展示します。
また、菓子の見本帳に掲載されている「生姜煉」(生姜の羊羹)を再現していただきました。
※羊羹は会期中に販売あり(7/23、8/20)。