和歌山市立博物館和歌山市立博物館

  

  開催中展覧会  

  次回展覧会

  常設展

 年間スケジュール

  過去展覧会


 過去展覧会

 ●特別展
過去展覧会                         ※この展覧会は既に終了しております

平成25年度 夏季特別展

海人(あま)の世界
―発掘された海辺のくらし―

2013年7月20日(土)~9月1日(日)
●休館日   月曜日

●開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

●入館料   一般・大学生400円  高校生以下 100円
           ※20名以上は団体2割引
           ※和歌山市老人優待利用券ご提示の方は入館無料
           ※市内の小中高生は土曜日無料
●講演会  いずれも13時30分~15時
         7月27日(土)  海人とまじなひの世界  水野正好(奈良大学名誉教授)
         8月10日(土)  船のやくわり        益田雅司(当館学芸員)
         8月24日(土)  紀伊の海人とその生業  冨加見泰彦(海洋考古学会幹事)
●展示解説 いずれも13時30分~14時30分
         8月3日(土) ・ 8月17日(土)

      ★この特別展は日本財団助成事業「船の科学館・海と船の博物館
        ネットワーク」の支援により開催します。



【開催趣旨】
まわりを海に囲まれた日本では、古くから多くの人が海での生業で生活を営んできました。和歌山県でも、海岸沿いの遺跡から数多くの漁撈道具、塩作りの道具などが発見されています。
今回の特別展では、海浜部の遺跡で発掘された遺物などを展示して、古代人がどのように海と関わりをもって生活を営んでいたのかを探ります。生活力のたくましい「あま」の世界をご覧ください。

【展示構成】  
 4コーナーに分けて展示します。
 

 Ⅰ. 魚を獲る  
 Ⅱ. 塩を作る  
 Ⅲ. 海に出る  
 Ⅳ. 海への畏敬
           

    展示点数 約700点
       出品リスト(pdfファイル)
お魚土器 【重要文化財】
(石川県能登町真脇遺跡出土)

魚形土器(愛知県名古屋市桜田貝塚出土)

製塩土器
(大阪府堺市下田遺跡出土)
  魚形土製品
(奈良県斑鳩町瓦塚1号墳出土)

船形埴輪【重要文化財複製】
(三重県松阪市宝塚1号墳出土)

小型模型船(和歌山県串本町笠島遺跡出土)

貝包丁(和歌山県田辺市岩屋岩陰遺跡出土)


【展示風景】
 
 

 トップ |  博物館概要 |  展覧会 |  イベント |  所蔵品紹介 | 図録・ミュージアムグッズ |  アクセス |  お問い合せ



Copyright(C)2009 Wakayama City Museum. All rights reserved.