和歌山市立博物館和歌山市立博物館

  

  開催中展覧会  

  次回展覧会

  常設展

 年間スケジュール

  過去展覧会


 開催中展覧会

●秋季特別展



2014年10月18日(土)~11月24日(月・祝)
時間   午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 一般・大学生・400円 小中高生・100円
  ※11月14日(金)~16日(日)は「関西文化の日」のため無料
  ※和歌山市が発行する老人優待利用券をお持ちの方は本人のみ無料
  ※20人以上の団体は2割引
  ※和歌山市内の小中高生は土曜日無料

●主催:和歌山市立博物館  ●後援:和歌山市観光協会

 江戸時代は、庶民がさかんに旅行に出かけた時代でした。 中世に「蟻の熊野詣」と言われるほどさかんであった熊野三山の参詣を主目的とする旅は衰退しますが、 伊勢まいりや西国三十三所観音巡礼がさかんになり、その過程で多くの人が紀伊(和歌山県)を訪れました。

 この展覧会では、江戸時代の旅人の足跡をたどり、 旅人が紀伊をどのように旅したのか、紀伊の人々がどのように旅人に接したのかを紹介します。 和歌山市内の紀三井寺、和歌の浦、淡嶋神社や、 和歌山県内の熊野三山、高野山金剛峯寺、粉河寺、道成寺、得生寺など多くの旅人が立ち寄った寺社、名所、温泉に関する 資料を展示します。



   「滑稽秋の空」(個人蔵)


特別展の展示構成はこちら
「展示資料目録」はこちら
特別展関連イベントはこちら

特別展図録の購入はこちら


Ⅰ 旅行の時代
Ⅱ 熊野三山~紀三井寺をゆく
Ⅲ 和歌の浦~高野山をゆく
Ⅳ 熊野参詣道の顕彰


和歌浦厳島図屏風 右隻(奈良県立美術館蔵)


西村中和筆 高野山全景図(個人蔵)

  
熊野那智瀑布図(双幅)(忉利天上寺蔵)

特別展の展示資料は、下記のリンクで確認できます。




特別講演会 いずれも13時30分~
●10月25日(土)  「西国巡礼と紀三井寺」前田泰道氏(紀三井寺副住職)
●11月01日(土)  「江戸時代の旅の楽しみ」塚本明氏(三重大学教授)
●11月08日(土)  「江戸時代の和歌山観光」佐藤顕(当館学芸員)

展示解説 いずれも13時30分~14時30分
 11月3日(月・祝)・11月24日(月・祝)

 
 

 トップ |  博物館概要 |  展覧会 |  イベント |  所蔵品紹介 | 図録・ミュージアムグッズ |  アクセス |  お問い合せ



Copyright(C)2009 Wakayama City Museum. All rights reserved.