和歌山市立博物館和歌山市立博物館

  
  ト ピ ッ ク ス




常設展
「資料が語る和歌山の歴史」

開催中

コーナー展示
①絵画にみる米づくり
②発掘物語―城下町の調査―


 サブトピックス

  『写真にみる
     あのころの和歌山』
     好評発売中!

※戦前の和歌山を写した写真集

     詳細はコチラ 

①本町編
②和歌山城編
③和歌浦編
④市街電車編
⑤加太・東和歌山・紀三井寺編

⑥建造物等編

     

 メイントピックス

  

  和歌山市立博物館のウェブサイトにようこそ


新発売 冬季企画展 歴史を語る道具たち
2018年1月10日(水)~3月4日(日)
    昔の道具にこめられた人々の生活の知恵や工夫の数々を、
    和歌山で実際に使われていた道具から探ります。

【入館料】一般・大学生 100円  高校生以下 無料
    ※20名以上の団体は2割引き
    ※和歌山市が発行する老人優待利用券を提示の場合、本人のみ無料
【展示構成】  
   Ⅰ 暮らしの道具    Ⅱ 遊びと勉強    Ⅲ 明かりの道具
   Ⅳ 食事の道具     Ⅴ はかる道具    Ⅵ 暖まる道具
                                   総点数 約150点
          
    蓄音機(ちくおんき)            たらい・せんたく板

【関連イベント】
 ■体験学習(事前申し込み不要、小中高生向け)
★どうして遊ぶ?昔の遊び
1月20日(土)・2月24日(土)
13時30分~16時00分

★蓄音機で聴くあのころの音楽
2月17日(土)(土)
13時30分~16時00分
    
※蓄音機に触れ、音楽を聴くことができます。 



 研究紀要 第32号 発行しました!

★内容★
前田正明・額田雅裕・佐藤顕・御船達雄・藤本真名美・山下奈津子・近藤壮・藤隆宏:和歌山市寂光院の文化財緊急調査概報
新谷和之:天正一四年の熊野一揆に関する史料
杉山純平・額田雅裕:和歌山市立博物館所蔵「和歌山市街地籍図」にみる近代初期の和歌山―和歌山城三ノ丸区域を事例として―
清水梨代:史跡和歌山城天守閣地鎮具に関する小考
藤藪勝則:雑賀崎台場の構築とその背景―紀州藩幕末台場の一事例―
大木要:鳴神遺跡群周辺の土地利用と水田開発

 通信販売はコチラ



新たな割引制度を導入しました!

和歌山市と和歌山県が連携して、
和歌山城周辺の市立・県立博物館施設等の
相互入館料金の割引制度を実施します。

◎以下の対象施設5館のいずれかに入館し、
発行されたチケットを3日以内に他施設で提示した場合、
団体割引料金の適用となります。

対象施設:5館(和歌山市立博物館、和歌山城天守閣、わかやま歴史館、
和歌山県立博物館、和歌山県立近代美術館)


※割引料金等については、各館のウェブサイトで御確認ください。

また、この割引制度にあわせて5館が連携して
まちなかミュージアム・ガイド
を作成しました。
和歌山城周辺を徒歩や自転車で史跡・文化財めぐりのできる
便利なガイドマップです。ぜひご利用ください。
  詳細はコチラ 

 常設展

 常設展「資料が語る和歌山の歴史」 詳細はコチラ

   ~~~~ コーナー展示 ~~~~

   ①絵画にみる米づくり
   ②発掘物語―城下町の調査―

 コーナー展示

2017年
■3月28日~6月4日
・南方熊楠と和歌山
・『紀伊国名所図会』の
 出版本屋・帯屋


■6月6日~8月6日
・ここはどこ?
 本町周辺の古写真
・雑賀の兜


■8月8日~10月1日
・近世の日本地図
・紀州徳川家伝来の絵画


■10月3日~12月3日
・藩主からの拝領品
・加太と葛城修験


■12月5日~3月25日
・絵画にみる米づくり
・発掘物語
 ―城下町の調査―


歴史を語る道具たち 
教育・普及プログラム

さまざまな教育普及プログラムを用意しております。
(小学校・高齢者福祉施設)

 詳細はコチラ

  和歌山市史

全10巻。和歌山市の歴史や自然について詳しく知ることができます。
  購入方法はコチラ   
 各種申請書類

   各種申請書類
 (刊行物などへの掲載)

こちらでとりよせることができます。
   詳細はコチラ




 
  (最終更新日:2018.1.10)




 
 
wakayama-city-museum

 トップ |  博物館概要 |  展覧会 |  イベント |  所蔵品紹介 | 図録・ミュージアムグッズ |  アクセス |  お問い合せ



Copyright(C)2009 Wakayama City Museum. All rights reserved.