2019-2020 展覧会 年間スケジュール


企画展

写真にみる和歌山市の歩み 1889-2019
2019年4月27日(土)~6月9日(日)


 

 明治22年(1889)に誕生した和歌山市が、現代まで歩んできた130年間を写真や関係資料からたどります。

企画展

没後20年 中畑艸人(そうじん)
2019年7月13日(土)~8月12日(月)


 

 和歌山市出身の洋画家・中畑艸人(1912-1999)の没後20年を記念して、艸人の描いた絵画を一堂に展示し、彼の画業を概観します。

特別展

雑賀衆と鷺ノ森遺跡―紀州の戦国―
2019年8月24日(土)~9月29日(日)


 

 徳川頼宣が紀伊に入国して、今年で400年を迎えます。本展覧会では、それよりひとつ前の戦国時代の紀伊国にスポットを当てます。戦国時代の遺構・遺跡が多く見つかった市内の鷺ノ森遺跡の発掘成果を盛り込みながら、様々な資料をもとに雑賀衆の活躍を追います。

特別展

徳川家入国400年記念
徳川頼宣と紀伊徳川家の名宝
2019年10月19日(土)~11月24日(日)


 

 今年は、紀伊徳川家初代の徳川頼宣が和歌山に入国して400年の節目にあたります。和歌山県立博物館と特別展を同時開催し、両館で行った共同調査の成果もふまえ、頼宣やゆかりの人物に関する資料、頼宣ゆかりの寺社の宝物などを紹介します。

企画展

歴史を語る道具たち
2020年1月7日(火)~3月1日(日)

 
 

 むかしの道具にこめられた人々の生活の知恵や工夫の数々を、和歌山で実際に使われていた道具から探ります。

ページのトップへ戻る