前へ
次へ

ホール展示・特集展示

紀州徳川家コーナー
紀州徳川家に関する資料がいつでもご覧になれます。

年間スケジュール

2022-2023 展覧会情報です。
>>こちら

特別展・企画展

有吉佐和子と和歌山

 有吉佐和子(1931~84)は、和歌山市生まれの作家で『恍惚の人』や『複合汚染』など数多くのベストセラー作品を生み出しました。また、『紀ノ川』や『助左衛門四代記』・『華岡青洲の妻』など和歌山を舞台とした作品を多く残したことでも知られています。
 2022年6月5日には和歌山市立博物館の近所に有吉佐和子記念館がオープンします。これにあわせて東京で保管されていた有吉佐和子関係資料が、当館に移管されることとなりました。本展覧会では、当館に移管された有吉佐和子資料を展示し、和歌山が生んだ偉大な作家の足跡をたどります。



会期:令和4年6月4日(土)~8月14日(日)
入館料:大人・大学生 100円、高校生以下 無料
     (和歌山市発行老人優待利用券等お持ちの方及びその介護人は無料。)

休館日:月曜日、祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)

主な展示資料
   
  『恍惚の人』自筆原稿             有吉佐和子自筆色紙(『紀ノ川』一節)
その他の展示資料(PDF:560KB)

追加開催します!
関連イベント:講座「有吉佐和子と和歌山」 講師・当館学芸員 小橋 勇介
・日時:2022年8月13日(土) 10:30~12:00
・参加費:無料(別途入館料が必要)
・定員:80名(先着順)、事前申込は必要ありません。
講座当日の9:30より整理券を配布します。


常設展


 常設展 資料が語る和歌山の歴史

 原始から戦後復興期に至る和歌山の歩みを6部門に分けて分かりやすく展示しています。
 ※随時展示替えをしています。

 

 2022年度 コーナー展示(常設展示室内のテーマ展示です)

  • 3月29日㈫~5月29日㈰ ◇松尾塊亭―俳画の世界―

  • 5月31日㈫~7月31日㈰ ◇江戸時代の府中八幡神社

  • 8月2日㈫~10月2日㈰  ◇かざりの世界 -金属工芸1000年-

  • 10月4日㈫~12月4日㈷ ◇考古学からみた伊太祈曽盆地の歴史

  • 12月6日㈫~1月29日㈰ ◇雑賀衆と根来衆

    1月31日㈫~3月26日㈰ ◇駿河屋の菓子木型

ページのトップへ戻る